2019-10-05
カテゴリトップ>クリエイター>あすなひろし
あすなひろし 『むらさきの日々』P3原稿 B4判

原画制作年1972
サインなし(保証書付)
技法ジクレー版画
用紙ドイツ製高級画紙
作品本体サイズ(縦×横)36.4×25.7cm
額仕様セピア
額寸50.8×39.3cm
エディション限定200枚
お届け期間15〜20営業日以内に発送予定
ご注意モニター環境により、実際の商品の色合いと多少異なってみえる場合があります。ご注意ください。

ITEM INFORMATION 商品情報

『むらさきの日々』は「Weekly漫画アクション増刊パピヨン」1972年5月26日増刊に発表された。ベル化粧品の専属モデルの篠崎亜矢。淋しがり屋の亜矢はいつだって電話を待っていた。そんな気持ちを裏切られ受話器を置く亜矢。哀しみの中で亜矢はむらさきの世界に浸る。孤独な亜矢の心情を淡い彩色で描き出す。電話の紫をキーカラーにしあわせを表すバラ色とかなしみを表す透明な青でまどろんだ幻想的空間を見事に表現している。

クリエイター

あすなひろし Asuna Hiroshi

1941年1月20日、東京都文京区根津生まれ。高校卒業後、東宝映画の中国支部(広島市)に入社。宣伝部でポスターのレイアウトや宣伝材料のデザインをするが、マンガへの夢を捨てきれず上京し講談社へ持ち込みをする。1961年「少女ブック」新年増刊号に『南に輝く星』、「少女クラブ」新年増刊号に『まぼろしの騎士』が同時掲載されデビュー。以後、主に少女誌にて活躍する。1970年『山ゆかば』を「週刊少年ジャンプ」に発表して少年誌に進出。以降は、少年誌、青年誌に佳作を発表する。1972年度小学館漫画賞を受賞。2001年3月22日逝去。代表作に『サマーフィールド』、『行ってしまった日々』、『青い空を、白い雲がかけてった』、『美しき五月の風の中に』、『哀しい人々』、『心中ゲーム』などがある。

保証書・枚数限定・受注生産・送料無料・ジクレー・高精度・複製原画・収蔵・アート・マンガ・名作・プレミアム・壁掛け・額入り・インテリア・プレゼントに